処分ではなく売却する方法がおすすめ!

未使用の切手を捨ててしまうのはもったいない

近年ではメールが主流になり、以前よりも切手を使用する機会は減りました。余ってしまった切手を処分する場合は、売却した方がとてもお得でになります。レアな切手ではない場合でも、未使用であれば買取してもらえる可能性があるので、切手を現金に換えることができます。
近場の金券ショップや切手買取実施業者でも買取してもらえますが、ネットの業者を利用する方法も便利です。自宅に居ながら、郵送のみの手間で済むので忙しい方にも負担がありません。また、ネットの業者であれば、日本全国どこに住んでいても探し出せるので、自宅付近にお店がない方でも安心です。注意点としては、しっかりと明細を出してくれるお店にして下さい。それぞれの切手がいくらで買い取られたのかをしっかりと確認してから、了承することが重要です。

貴重な切手は使用済みでも価値がある

一般的な切手の場合、使用済み切手の買取は不可になることがほとんどです。しかし、必ずしもすべての使用済み切手が買取不可になるわけではないのです。
使用済み切手でも買取って貰える可能性があるのは、一部の文化的価値がある切手や、少ない数しか流通していない切手です。入手する機会は非常に稀ですが、その中には額面の何倍以上もの高値で取引される切手も存在します。使用済みの切手の場合、自分がその切手を購入していなくても、誰かからの郵便に使われている可能性があります。したがって、郵便物が届いた時は注意深く切手も見てみることをオススメします。使用済みの切手を保管しておいて、他の未使用の切手を買取依頼する時に、ついでに鑑定してもらう方法も便利です。